どうも、このサイトの管理人の酒井と申します。

この度は僕のサイトに訪れていただきありがとうございます。

 

このサイトでは乾癬という一般的には原因不明と言われてる難病をいかにして改善していくかについて情報発信しています。

で、まずは簡単に自己紹介を。

 

自己紹介

僕は現在現役で慶應大学に通ってる学生です。
実家暮らしで埼玉県に生まれた時から住んでいます。

僕は小さい頃から乾癬に苦しんできたのですが、詳しく話していこうと思います。

乾癬と出会い、そして絶望するまで

僕が乾癬と出会ったのは小学校3年生のときぐらいでした。

 

ただその時は左胸にポツンと10円玉サイズの赤い斑点ができただけで、

僕は珍しいところを蚊に刺されたなと呑気にしてました。

 

皮膚科に行っても乾癬と診断されることはなく、危機感はまだ僕の中には全くありませんでした。

 

しかしその後はまず頭に大量のフケのような症状が出てストレスが溜まったり、

次第に身体中が少しずつ湿疹のように赤くなりそして掻きむしったり症状は訳も分からないまま悪化し続けました。

 

もちろん薬は塗ってはいました。でも薬を塗っても正直これで効果があるのか?とは常に疑ってました。

 

でも僕は病気を治すには薬しかないという固定観念に縛られていたので、

塗らないよりかはマシだろと悪化はしていたものの塗り続けました。

 

そして乾癬との出会いから6年ほど経った時、

日本でも随一の皮膚科の権威である先生がいる大学病院で乾癬と初めて診断されて僕は絶望しました。

 

 

なぜなら僕はその時この乾癬という病気は治せないと言われたからです。

 

 

不治の病とは小さい頃から聞いたことはありますが、

まさか自分がその病気にかかるなんて夢にも思いませんでした。

 

当時の僕は全身に乾癬の赤みが出始めていて周りの目もかなり気にするようになってたので、

これが一生続くのかと思うとそれはそれは生きる希望を見出すのが難しくなりました。

 

もう一生友達とか彼女とかと旅行に行ったり海やプールに行って遊んだりできなくなってしまうのかなと。

いやそもそも僕はもうこれ以上症状が悪化すれば、

周りから不潔だとか汚いとか醜いとか言われてしまうのではないかと怖くなりました。

 

もう当たり前のように人とコミュニケーションを取ることすら僕には許されないのではないか?

と、現実世界から隔絶されたような気持ちになりました。

 

・どうして僕だけがこんなひどい思いをしなければならないんだ?

・あんまりこういうこと言うのは不謹慎かもしれないけど、
僕より悪い目にあったほうがいい人間なんて山ほどいるんじゃないか?

・そんなに僕は神様から罰を受けるようなこんなひどい仕打ちを受けなきゃいけない理由があるのか?

 

僕の頭の中ではこのような想いが張り巡らされました。

それでも僕の心の中に結局残ったのは無力感。
だって自分では何をどう頑張っても報われないんですもん。

 

現実世界では乾癬に関してかなり詳しい医者の人でさえもう無理だと直接言われた。
ネットで何か情報を探してみてもどれも確実に効果がある方法なんて書いてないし、あったとしても信憑性がなくて胡散臭い。

 

僕はもう八方塞がりでした。
そして治るという希望を持つことをやめました。

 

期待しても悲しくなるだけだからです。
もう僕はこの乾癬は治らないものだと思って一生背負って生きていこう。
治そうとか改善しようとかそういう考えは諦めよう。
死なないだけラッキーだと捉えようなどと必死に自分に言い聞かせることでしか僕の精神は耐えられませんでした。

 

ただ薬を塗っても症状が悪化する日々が続くのは非常にストレスで僕の心は日に日に荒んでいきました。

 

 

しかしそんな希望のない日々にある日、一筋の光が差し込めました。

僕は本当に運が良かったです。

絶望を希望にガラリと変えてくれた先生との出会い

 

2016年の2月に僕がお世話になっている大学の先輩からとある先生を紹介されました。

 

聞くところによると、

その先生はカイロプラクティックといういわゆる整体を行うことであらゆる体の不調を改善することができる人でした。

 

僕はそれを初めて聞いた時、

「え?この人詐欺じゃないの?たかが整体でそんなことできるわけないでしょ笑」

と、整体のことなんか何も知らないくせに勝手に整体に効果がないなんて決めつけてしまってました。

 

今思うと、本当に先生に失礼だし過去の自分が恥ずかしい限りです。

 

で、整体の可能性に関して疑心暗鬼だった僕ですが、
実際に僕の知り合いの何人かから施術の感想を聞いてみると全員明らかに感動してたんですよね。

 

「体全身が軽くなって肩こり治ったー!」とか「姿勢がピンと真っ直ぐになって気分も爽快だよ!」とか。

 

そして極め付きは僕がいつもお世話になっていて信頼してる人から

「これ本当に人生変わるから騙されたと思ってとりあえず行ってみな。」という言葉でした。

 

そこまで言うなら試しにチャレンジしてみるかと僕は思いました。

 

その時は乾癬も改善できるだなんて1ミリも考えませんでしたが、

何も行動しなくては自分の人生は何も変わらないと思い行くことにしました。

 

そして施術当日、早速先生と顔を合わせると第一声で「あーこれはかなり体が歪んじゃってるねぇ」

と、出会って数秒で全てを見透かされたような気持ちになりました。

 

それは決して気味が悪いわけではなく、「あ、この人なら本当に僕の運命を変えてくれるんじゃないか」

と期待をしてしまうぐらい信頼のできるものでした。

 

そして施術がはじまりました。

 

僕の体はズレが相当ひどいらしく、やはり痛みもそれに比例して大きくなりました。

先生は本当に軽くツボみたいなところを押すだけでも激痛が走り僕は「ぬわぁぁぁ!」と悶絶してました。

 

それでも僕は心の中ではすんごくワクワクしてました。

この一時的な痛みを乗り越えた先に乾癬改善の希望があるならこんな激痛なんてかすり傷以下だと。

 

それから施術中は僕の体のどこにズレがあって、

そのズレが僕の体にどのような不調をもたらしてるか事細かく教えてくれました。

 

今まで病院では全くこのようなことがなかったので、驚きましたね。

 

病院に行ってもとりとめのない質問をいくつかして目で軽く僕の症状を見ただけで診察は終わり、

そして効き目のない薬が処方されるのがオチ。

 

自分がどうしてこんな目にあってるのか何の進展も得られぬまま、

時間と金を浪費するのがもはや当たり前でうんざりしてました。

 

でも先生は論理的に僕の体に何が起きてるのかを説明してくれました。

もちろん体のズレはすぐ治るものではないので、すぐに赤みが引いたわけではありません。

 

それでも僕が長年心の中に抱えてた乾癬に関する絶望は先生から話を聞けば聞くほど、

息を吹き返したかのように晴れていきました。

 

そして1時間経たないぐらいでようやく施術が終わり立ってみると、なんと本当に体が軽くなってました!

なんかフワフワした感じで自分の体なのに自分の体じゃないみたいな感覚でとても不思議なものでした。

 

知り合いが言ってたことはこのことか!と全て自分の中で腑に落ちましたね。

そして先生が一言「それが本来の真っ直ぐな体なんですよ」と。

 

これを聞いて僕は普段どれだけずれた体で生活してたんだとショックでした。

でも施術を受けた後は背筋がピンと伸びたような感じがして気持ち的には清々しかったですね。

 

まさに体の状態が良くなると精神的にもストレスがなくなって本当にいいことばかりとはこのことでした。

 

僕が実践して辿り着いた3つの乾癬改善に必要な方法

 

先生と出会うと同時に僕は今までこんなにも苦しんできたはずなのに、

乾癬や自分の体に関して全くの無知だった自分を恥じました。

 

僕は病院にもう無理だと言われただけで自分では何も打開策を探そうとしないで諦めていたのです。

 

今回はたまたまこのような先生に出会えたからこそ乾癬改善の可能性に気づきましたが、

もしあのまま出会わなかったらきっと死ぬまで希望のない暗い世界を途方もなく彷徨ってただろうなと思います。

 

今でもそう考えると恐怖でゾクゾクしますね。

 

だからそれから僕は医療系の本をまずは簡単に読めるものから読んだり、

解剖学など専門的で難しそうなものや論文などもいろいろ読んでみたりして研究するようになりました。

 

調べれば調べるほど、自分が何も知らないことに気づかされましたが、

それでも知れば知るほど自分の状況が手に取るようにわかってくるのでどんどん楽しくなりました。

 

もちろん調べてみると矛盾がたくさんあって結局どっちが正しいんだろ?と思うときもあるのですが、

そういう時は自分で試してみていいと思った方を採用してます。

 

調べてて思ったのは人はそれぞれ体質やら環境が違うので、

全ての人に確実に効果がある方法なんてあまり期待しないほうが良くて、

自分にとってふさわしい方法を採用していくのがベストかなというのが僕の中での結論です。

 

 

で、1番怖いのは何も知らないことです。

 

これは僕がブログで情報発信してる理由でもあるのですが、

僕は多くの人に乾癬は改善できるんだと知ってもらい、ただ知らなかっただけで後悔して欲しくないんです。

 

 

僕が紹介する方法は乾癬の患者さんから聞いたり、自分で実際に試したり、

多くの難病を改善したことのある先生から話を聞いたりしてまとめたものなので、

根拠のないネットに書いてあることの寄せ集めみたいな情報とは全くレベルが違います。

 

 

他のサイトを見てみるとあまりにも乾癬で苦しんでる人に対して無責任なことが書かれてるし、

それ絶対に自分で実践してないし効果ないでしょ?みたいな方法がさも真実であるかのように書かれてます。

 

僕はこれを見て1人でもいいから自分と同じように苦しんでる人に何か価値を提供したいと思いこのブログを作りました。

そして色々実践した中で乾癬改善に必要なことはたった3つでした。

 

以下はその3つについて話していきます。

 

1、薬を使う量を減らして最終的にはゼロにする

 

まず僕がこのブログで乾癬改善のために必要だと言ってるのは

薬を使う量を減らして最終的にはゼロにすることです。

 

どうして薬の使用をやめるのか?

理由を簡潔に言うと、薬を塗り続けても乾癬は根本的に改善しないからです。

 

確かに薬を塗ることで見かけ上は改善してるように見えますが、

僕は10年以上塗り続けた結果取り返しのつかないことになりました。

 

そもそも乾癬の薬の役割は皮膚の炎症を抑えるホルモンを補助することなんです。

体が何らかの理由で皮膚の炎症を和らげるホルモンを出せないため、薬で補おうということです。

 

ただ薬を塗り続けていくと脳が体内に「薬が頑張って炎症を抑えてくれるから休んでていいよ」と命令してしまい、

結果的に薬無しでは生きていけない依存状態を引き起こすようになってしまうのです。

 

そうすると体内の機能はどんどん衰えて使い物にならなくなり、

反対に薬の強さはだんだん強くなり副作用さえ引き起こすようになり悪いことしかありません。

 

つまりは薬の使用を継続することは寿命をすり減らすことと同じ意味なのです。

 

ちなみに僕はまだ20代なのに薬を長年使用していたため、

先生に80歳のおじいちゃん並みに体が弱ってるねと言われてしまいました。

 

このブログでは僕が実際に薬の使用をやめて自分の体がどのように変化してるのかを写真とともに記録しています。

 

僕はこの薬の使用が自分をひどく傷つけてる事実に気づくのが遅かったため、

薬の使用を一気にやめた時は死にたくなるほどの激痛に襲われました。

 

一気にやめると体が炎症を抑えるためのホルモンを出す準備をしてないので、

症状が急激に悪化をしてしまうからこのようなリバウンド現象が起きてしまいます。

 

そしてそれは薬を塗ってれば塗ってるほどやめた時に症状が悪化する程度は酷くなります。

 

だから今すでに薬を塗ってる人は僕のように一気に使用をやめるのは少し危険なので、

段階的に減らしていって体内の機能を復活させていくことを強くお勧めします。

 

2、体のズレを治すことで体の本来の機能を取り戻す

 

それから次に整体で体のズレを治すことで体の本来の機能を取り戻すことが重要です。

 

まずなぜ皮膚に炎症が起きてしまうのかというと、体内の毒素がうまく排出できていないからです。

そして体内毒素が上手に排出できないのは薬の使用や体のズレによって体内の機能が低下してるからなんです。

 

 

どうして体がずれると体内の機能が低下してしまうのかというと、

脳から体内への情報伝達がスムーズにいかないからです。

 

例えば脳が「ちゃんと働け!」と体全体に命令しても体がずれていると、

脳からのメッセージが届かないで体が指示通りに動かなくなってしまうのです。

 

僕も自分では全く歪んでるとは思ったことはありませんでしたが、

いざ施術を受けてみると若いはずなのに「よく今までこの状態で生きていたな」と言われてしまうぐらいズレていました。

 

人間は生活していれば必ず体はズレます。
右利きの人だったら当然左手よりも右手の方が使う機会が多いので体のバランスが崩れてしまうのは当然です。

 

そしてこれは聞いた話ですが、

とある人は交通事故で下腹部を強打した後に乾癬の症状が出るようになったという人もいます。

 

だから乾癬の改善と体のズレは決して無関係ではなく強いつながりがあるのです。

 

 

僕が実際にお世話になってる先生は体全体が皮膚の炎症で困ってる人を、

何回かの施術でほとんど改善させたことのある経験の持ち主です。

 

信じ難いかもしれませんが、体の調子を整えるのに体のズレを直すことは必要不可欠なのです。

 

3、体に負担のかかる食事(甘いもの、辛いもの)をできるだけ避ける

 

そして最後に体に負担のかかる食事をできる限り避けるようにすることです。

 

ここまでは乾癬を改善するために薬などを使用して外部から見掛け倒しのアプローチをするのではなく、

体のズレを整えて体内の機能を復活させることで炎症を抑えるといった内部からの根本的なアプローチを推奨してきました。

 

 

ただ整体は先生が言うことには自分でやることは不可能だそうです。

だから普段自分でできる乾癬改善の方法として食生活に気をつけるというのが重要になってきます。

 

で、僕はどのような食事が体に良かったり悪かったりするのか色々調べたのですが、

人によって違うし何より細かくこれはダメあれはダメと言われてしまうと、

食事1回とるのに毎回神経をすり減らしてめちゃくちゃストレスがたまります。

 

それでは本末転倒で体調を崩すきっかけとなってしまいます。

 

だから僕はシンプルなルールを決めました。
それは甘いものと辛いものをなるべく避けるようにすることです。

 

なぜこの二つを避けることにしたのかというと、

甘いものと辛いものは体に負担がかかるので乾癬が悪化するケースが多いと僕は様々な人から聞いたからです。

 

 

もちろん人によってお酒を飲むと悪化したり、乳製品を食べるとダメになったりいろいろな情報を聞くことが多いのですが、

それが万人に当てはまるかどうかは正直証明できません。

 

これは個人で自分の体に合うかどうか検証するしかないです。

 

でもこの甘いものと辛いものというのは比較的多くの人が避けてる食事として共通してたので、

僕はこの二つを避けることを採用しました。

 

ただ例えば糖分を摂取するのをゼロにしようとする人がいるのですが、

糖分は野菜にも少なからず含まれていたりするので不可能です。

 

またいきなり今までの食生活をガラッと変えるのは非常に大変なので、

まずは甘いものや辛いものはなるべく避けようと意識するところから始めるのがオススメです。

 

それを2週間とか1ヶ月続けるだけでも僕は体調が良くなったので、

いきなり大幅に変えるのではなく常に段階的に体に優しい食生活に切り替えていくことが精神的にも望ましいです。

 

最後に僕が乾癬についてどのような情報発信しているのかまとめたものを紹介します。

 

 

乾癬克服無料メルマガ

無料メルマガに登録した方限定で僕がお世話になってる整体の先生を紹介しています。

施術をご希望の方は送られてきたメールに返信していただけるとこちらで対応できます。

質問がある方も気軽にご連絡ください。

 

配信解除は1クリックでいつでも可能なので気軽にご登録ください。

 

>>無料メルマガ登録はこちらから!<<

YouTube(乾癬克服チャンネル)

YouTubeの乾癬克服チャンネルというところで僕が乾癬に関する動画を100本近く投稿しています。

総再生回数は7500回以上で今も多くの人に僕の動画は見られています。

 

ちなみにYouTubeで「乾癬」と検索すると僕の動画が1番上に表示されます。

(以下の画像をクリックすると拡大表示されます。)

スクリーンショット 2016-08-10 15.09.40

 

乾癬を改善するための情報について余すことなくお届けしてるので是非ご覧ください!

>>乾癬克服チャンネルはこちらから<<

ブログ

このブログのオススメのコンテンツをご紹介します。

乾癬闘病プロフィール

僕が乾癬と出会い絶望を抱えるまでをすごく詳しく書きました。

 

>>乾癬闘病プロフィールはこちらから<<

写真で振り返る乾癬克服記録

僕が薬を塗るのをやめてから症状がどのようにして経過したのかを記録したものです。

 

>>写真で振り返る乾癬克服記録はこちらから<<

オススメ健康食品「スーパー発芽大豆」

僕がオススメしている「スーパー発芽大豆」という健康食品についてレビューしてるものです。

 

>>オススメ健康食品「スーパー発芽大豆」レビューはこちらから<<