どうも、酒井です。

 

 

今回は脱ステロイドを継続していく上で大事な考え方を紹介します。

 

その答えは何なのか、最初に答えを言いますと、

それは完璧主義を捨ててコツコツと取り組んでいくことです。

 

まず大前提として乾癬を改善していくためには薬に依存することからは脱却することはマストです。

ステロイドを塗っても確かに一時的にはかゆみや赤みはおさまります。

 

 

僕も10年ほど塗り続けてきました。

病院に行って言われるがままに毎日時間をかけて朝と夜に欠かさず。

 

ただそれでもよくなったり悪くなったりの繰り返しで、

どんどんステロイドは強くなっていきました。

 

結果的に僕の体は乾癬が広がっていき、当然ステロイドを塗り続けることに疑問を持ちました。

だって効果が見られないわけですから。

 

 

今思えばそれもそのはずで、所詮薬を塗るということは根本的な改善策ではないんですよね。

あくまで上っ面だけをよくする、要は見かけ倒しでその場しのぎな対策なんです。

 

 

本来乾癬を改善させるためにやるべきことは体内の機能を上げること。

それは他の記事で詳しく話してる通りです。

乾癬の原因は内臓だった!?脾臓について詳しくまとめてみた

 

 

ただじゃあいきなり今まで塗ってたステロイドをいきなり止めるのはリスクがあります。

 

 

今日からステロイドを塗らないと決めて塗らないでいると
これまでステロイドに頼りきっていた副腎皮質ホルモンが

 

「自分がこれから頑張らないといけない」と急に焦り出します。

要は薬を塗らない状態に体が慣れてないんです。

 

 

副腎皮質ホルモンは炎症を抑えるホルモンです。

このホルモンだけでは皮膚の炎症を抑えられないから
ステロイドという副腎皮質ホルモンが処方されていたのです。

 

しかしステロイドを長期に渡って塗り続けると、
元々体にあった副腎皮質ホルモンはサボりだします。

そのサボっていたところに急にステロイドを塗るのを止めるから焦りだすんですね。

 

僕自身一気にステロイドをゼロにしたので、よくわかります。

 

これまでステロイドで炎症や痒みを抑えていたから
止めた途端、やはり急激に炎症はドバッと広がります。常にずっと痒くなります。

 

せっかく止めたステロイドなのにまた塗りたくなります。

 

 

そこで意志を強く持てればいいのですが
実際に僕は経験したからわかるのですが、なかなか難しいものです。

 

 

ステロイドは塗ったり塗らなかったりするとだんだん効かなくなります。
効かなくなると皮膚科医は更にランクの強いステロイドを処方してきます。

 

するとなかなか止められなくなり依存になってしまいます。

 

 

じゃあどうやって脱ステロイドを継続していけばいいのかと言いますと、

やはり徐々に減らしていくことが賢明です。

 

 

ステロイドもいきなり全く塗らない脱ステロイドを始めるのではなく、
これまで5g塗っていたところを4g、3gと減らしていくのが成功の秘訣です。

 

 

最初から完璧を求めてしまって今まで100塗ってたものを0にするというのは

非常にハードルが高くて、三日ぐらいで挫折してしまったりします。

 

 

僕も最初は非常に辛かったですが、

ステロイドをゴミ箱に捨てることでなんとか依存することから逃れました笑

 

ただこんな方法はお勧めできません。

辛いことには変わりませんからね。体にも大きな負担がかかります。

 

脱ステロイドを継続することとはどういうことかと言いますと、

つまりは新しいルールを習慣化していくこととも言えます。

 

そして習慣化するために大事なのは決して無理はしてはいけないということ。

 

 

例えば読書を毎日の習慣にしようと決めた時にいきなり1日1冊ペースとか

1日目はできても1週間は絶対に続きません。

 

 

多くの人は完璧主義が発動して、目標が達成できなくなるとなんで自分は目標をこなせないんだと

自分を責めて、何も行動する気をなくします。

 

僕はいつもこのパターンで挫折します笑

 

 

じゃなくて1日1ページでいいんですよ。

1番大事なのは毎日続けること。コツコツと前に進むことです。

 

 

 

薬を塗るにしても昨日は頭の全体を塗ったけど、今日は一部塗らないところも増やしてみようとか

毎日無理にない程度に減らしていくことが重要です。

 

 

特に今までステロイドを使ってた時期が長い人は蓄積されてる分、

なかなか好転反応も大きくなり、一気にやると普通に生活することも困難になる場合があります。

 

 

僕は全身針に刺されてるんじゃないかという痛みに襲われたことがあります。

 

だからこそ最初は慎重に。

様子を見つつステロイド依存から徐々に脱却していくことが理想です。

 

 

そして悪化したとしてもそれは正常な反応で、

これから乾癬が改善していくサインなので、不安にならずにじっと耐えましょう。

 

体内の機能が上がっていけば自然と症状もよくなっていきますからね。

 

 

というわけで今回は完璧主義を発動させて無理に頑張ろうとするのはダメで、

小さなことからコツコツと脱ステロイドすることで習慣化しやすくなりますよというお話でした。

 

 

一気に頑張りすぎるとストレスがたまり、その精神的ストレスは体にも悪影響を及ぼします。

薬を減らしていけば必ず乾癬改善への道は開けるので、無理せずと取り組んでいきましょう!