どうも、酒井です。

 

乾癬の症状が表れて皮膚科に行けばほぼ100%ステロイドの軟膏を処方されます。

 

ステロイドを塗ると一応皮膚の赤みは薄くなりますが、
しかし塗らなくなればまた元通りです。

 

これでは根本的に治ったということにはなりません。
あくまで見かけ倒しに過ぎないわけです。

 

そうなるともう一生ステロイドを使い続けるしかないのか。
ステロイドって長期にわたって使い続けると副作用が起こるとも言われています。

 

だんだんステロイドが効かなくなると、ステロイドの強さは強くなって体を蝕んでいきます。
僕もその一人です。

 

実際ステロイドを勧める皮膚科医もステロイドで赤みを抑えて良くなったら少しずつ止める方向でと言われます。
しかし乾癬の原因が脾臓とすい臓にあるのでしたらステロイドを外から塗っても治るわけがありません。

 

 

だからもうステロイドには頼りたくはないし、
乾癬を根本から治してしまいたいという思いから僕は食事療法と整体という自然療法を始めてみました。

 

 

しかしこれできっと良くなるという確信と希望があったにもかかわらず乾癬の赤みやかゆみは酷くなりました。
自分の考えは間違っていたのかと思いたくなるくらい赤みやかゆみが広がりました。

 

この時はあーどうしようどうしようと不安でいっぱいになりましたね。

もう何やっても上手くいかないわと失望してました。

 

 

でも調べてみるとそんな心配は全く必要ありませんでした。

何でかと言いますと、実はこれは好転反応と言われるもので必ず起こる現象なんです。

 

 

好転反応とはステロイド依存をやめることで体の自己治癒力が高まり、
健康を取り戻そうとする過程で体から老廃物を排出しようとするために
一時的に症状が悪化しているように見えるのです。

 

ようは体内の機能は改善してるんだけど、もともと蓄積してた体内毒素があるから

それをまずは外へ外へと排出しようとしてるんです。

 

悪化しているようには見えても実はすい臓の腫れも引いて、
脾臓もその機能を取り戻して体の機能は上がっているはずです。

 

 

で、1番大事なのはこの好転反応が起こった時にせっかくの脱ステロイドを止めないことです。
止めてしまったらせっかく体内の機能が向上しているのにまた元に戻ります。

 

 

この好転反応は脱ステロイドを始めると必ず起こることなので
悪くなったのは一時的なこと、体の機能は上がっていると信じて今の方法を続けてみてください。

 

確かに怖いです。

症状が悪化してるように感じるので、何もするなと言われても我慢するのが大変だと思います。

 

でも逆に考えてみてください。

もしまた薬に依存する道を選んでも一時的に気は楽になるかもしれませんが、あくまで一時的です。

 

 

僕は10年以上もの間ずっとステロイド依存してきましたが、後悔しかありません。

体に毒がたまり、好転反応の反動も正直泣きたくなるくらいひどいものです。
ただそれでも続けることでいつの間にかステロイドを塗らなくてもキレイな皮膚が少しずつ表れてます。

これは薬塗ってた時には感じられなかった改善の証です。

 

 

僕はいきなりステロイドを塗るのを一気にやめましたが、

長い間塗ってきた人はなかなか反動がひどくて日常生活も困難になる場合があります。

 

僕はむくみやら関節痛やら便秘やら下痢やら体の冷えなど、

あとは体全身が真っ赤になったり体調も精神的にもかなり疲弊します。

 

だから脱ステロイドはいきなり始めることはオススメしません。
いきなり塗らなくなるのではなく量を少しずつ減らしていくのが一番いいやり方です。

 

 

人間の体には副腎皮質という臓器から毎日一定量のホルモンが作られています。
このホルモンは多くの炎症反応を抑制し、
体の免疫バランスを保つように働いてくれます。

 

体のためには無くてはならないホルモンなんです。

それなのに乾癬という炎症が体に表れてしまいます。

 

この炎症を抑えてあげないといけないのに抑えられていないから
この副腎臓皮質ホルモンを外からも補ってあげようとしてステロイドの塗り薬が処方されるのです。

 

 

しかしステロイドを長期に渡って塗り続けると、
元々体の中にあった副腎臓皮質ホルモンがサボりだしてしまいます。

 

脳が外から塗ってくれるならもうホルモン出さなくてもいいかと判断してしまうのです。

 

その状態で突然ステロイドを塗るのを止めてしまうと、
脳はホルモンを出す準備を全くしてなかったので、
炎症がぶり返してしまい脱ステロイドのリバウンドが起きてしまうのです。

 

 

だから脱ステロイドするときは体を脱ステロイド状態に適応させるためにも

少しずつ量を減らしたり、症状の酷いところだけ塗るなど適宜調節して自己管理することが大事です。

 

 

最初は確かに不安で怖いですがやってみると、僕は楽しかったです。

自分の体が改善に向かって頑張ってるというのが実感できましたからね。

 

僕は一気にステロイドやめてしまいましたが、

皆さんは自分の症状の度合いや体調と照らし合わせて慎重に脱ステロイドをしてみてください!

 

 

ではでは。