どうも、酒井です。

 

先日僕のブログを見てくれてる読者さんから連絡というか相談したいとコメントをいただいたので、

少しスカイプ通話(=無料で通話できるアプリ)でお話することになりました。

 

ちなみに僕の連絡先はkansen.sakai@gmail.comです。

お問い合わせ方法はこちらの記事で紹介しますね。

 

 

で、相手の方は40歳前後の女性の方で乾癬にかかってからは15年以上かかってるそうです。

そして僕のブログを見て脱ステロイドを始めてちょうど1週間の状態でした。

 

 

1週間というとかなり精神的に不安定になる時期です。

症状が拡大して痛みや痒みもひどくなるので先行きに希望が持ちづらくなります。

 

 

ただ僕と話したことによってかなり不安や疑問を解決できて、

満足していただいたので今日はその時の通話の内容をシェアします。

 

・脱ステロイドしてからどのくらいで激痛が始まり、おさまったか?

 

乾癬改善に脱ステロイド(薬をやめること)は必要不可欠です。

ようはステロイドを止めなければ一生乾癬と付き合わなければならなくなります。

 

確かに薬をやめることで一時的に症状は悪化するので、僕も初めは怖くて怖くて仕方がありませんでした。

 

でもこれから40年、50年と生きていく中でずっと毎朝や毎晩薬を塗ることに時間を奪われたり、

自分で塗れないとこは家族に塗ってもらうしかなく他人にずっと迷惑ばかりかけてしまうのは心苦しいです。

 

 

それに10年かけて治らなかった治療法でこのまま治療を継続しても無意味で、

このまま症状が拡大していくと人と関わることすら正直難しくなります。

当然恋愛なんかもできるわけがないです。

 

だから僕は一大決心をして脱ステロイドに取り組みました。

 

 

結果は大成功。
本当にやってよかったと思っています。

 

 

今まで薬に依存して10年以上も時間を無駄にしてしまった自分を恥じるばかりです。

最近ではみるみるうちに症状が良くなっていきます。

 

全身が乾癬で真っ赤で外に出るのもマスクやマフラーでなしでは恥ずかしくてつらくて無理だった僕でしたが、

今では元の肌に少しずつ戻っていくのが実感できますし体調もすこぶる良くなっていきます。

 

人と会うのもだんだん自信がついて、

精神的にうつ状態だった辛い時期も乗り越えて今では心から笑えて人生をかなり楽しく過ごしています。

 

最近は、膝の関節痛が酷くて昔は全くできてなかったテニスに没頭してます笑

 

 

で、脱ステロイドしてどのくらいで激痛が治るかは正直人によって個人差があります。
これは僕がいろんな乾癬の患者さんから聞いた結果わかったことです。

 

ただ僕が考えるに脱ステロイドしてどのくらいで乾癬が良くなるかは2つ基準があります。

 

 

まず1つ目は年齢。

僕は現在22歳ですが、どうやら若ければ若いほど症状が拡大するのも早いし、回復していくのも早いそうです。

反対に年をとるにつれて症状が広がるのも回復力も遅くなるのが通常らしいです。

 

 

そして2つ目はどのくらい薬を使ってきたのかということです。

薬を使えば使うほど体内の内臓の機能は疲弊して弱くなっていくばかりです。

 

僕も10年はステロイドを使っていたので、

僕が通ってる整体の先生からは80歳のおじいちゃんみたいな身体になっちゃってるなと言われてしまいました。

 

 

僕はステロイドで自分の体を治そうと思っていたつもりでしたが、酷く自分の体を傷つけてたのだなと改めて痛感しました。

ただ今では体内の機能も上がってきて順調に回復してるので手遅れになる前に薬をやめて本当に良かったです。

 

下手したら一生薬と付き合わないと生きていけない体になってしまってましたからね。

 

それで僕はどのくらいの期間を激痛に悩まされてたかというと、

だいたい脱ステロイドして2ヶ月くらいはずっとつらかったです。

 

 

ただ2ヶ月でピークを迎えた後は毎日改善してるのが実感できたので、だんだん気持ちが軽くなりました。

家族とかも顔色よくなってきたねーとか言ってくれるので、よし、このまま頑張るぞ!とやる気が出ました。

 

僕は22歳という年齢かつ、10年以上薬を塗ってきたという過去があります。

 

僕と比べて若かったり、乾癬歴が短ければ早く改善しますし、

反対に年を取られていて乾癬歴が長ければ改善が遅くなる確率が高いです。

 

もちろん他にも環境とか体質に左右されるので個人差はありますけどね。

僕の場合は2ヶ月がピークだったということです。

 

 

というわけでこれから薬をやめる人、もしくは現在脱ステロイドして激痛に苦しんでる最中の方などは、

僕の実体験を参考にして自分はどのくらいで症状が緩和していくか考えてみてください。

・ワセリンを塗ると効果はあるのか?

 

僕がどのようにワセリンを活用してるのか?

 

どんなワセリンを使ってるのか?についてはこちらの記事で詳しく話してるので見てください。

乾癬の対策で大洋製薬のワセリンがコストパフォーマンス高すぎた

 

・白米は食べるか?

 

僕は食事療法に関して下記の動画でも話してるのですが、絶対的な答えはないと考えてます。

 

例えばアルコールを飲んで乾癬が悪化する人もいれば、そうでない人もいます。

 

僕は甘いものと辛いものを控えるようにしていますが、

全く食べないかと言われるとそうでもなく、食べ過ぎに注意するぐらいです。

 

ただちょっと甘いものを食べただけでも悪化する人はいるみたいですね。

 

つまりは人によって体質によって摂るべき食事というのは変わってくるわけで、

白米を食べるか玄米を食べるかとかはそれぞれ食べてみないとわからないというのが本音です。

 

 

食べてみて大丈夫なら食べればいいわけです。

 

 

僕が1番ダメだなと思うのは食事制限しすぎてストレスがたまることです。

これが精神的な負担となり症状を悪化させるケースが多いです。

 

僕も初めは食事制限しすぎて神経質になって余計つらかったのを今でも思い出します。

ただ今では体の負担にならないようにすればいいやくらいのニュアンスで食事は摂ってます。

 

 

だから例えば白米は消化するのに内臓に負担がかかるので、

少し量を減らしたりとか。

 

食事の量を減らしたり1日2食にすることで皮膚病が改善されたケースがあるので、

そういうことも日々試しています。

 

 

実際体の調子は良くなるので、結構続けていますね。

 

 

というわけで、答えは人によって試してみないとわからないということで、

個人的には白米は食べ過ぎなければ問題ないかなというところです。

 

 

食事療法に関してはYouTubeでも話してるのでぜひご覧ください。

 

 

・整体は月に何回行けばいいのか?費用はどのくらいかかるのか?

 

僕はこちらの記事でも話してるのですが、

整体で乾癬を改善するという概念に出会ってから人生が変わりました。

 

あ、これで乾癬の苦しみとはおさらばできるなと自信がついたのです。

 

 

そして僕がこうやってブログやYouTubeなどで情報発信してる理由はここにあって、

整体で乾癬などの皮膚病が改善するなんて知ってる人が全くいないんですよ。

 

 

だから病院に行って乾癬を治せない薬を処方されて、

ずっと苦しんでしまうという悪循環が続いてしまうわけです。

 

 

僕は10年以上ずっと苦しんだからそういう人を今後一切増やしたくないし、

ただ情報を知らないだけで苦しむというのは非常にもったいないと常々感じます。

 

 

僕がこうやって情報発信するのは整体で乾癬が改善するという事実を多くの人に広めて、

乾癬の苦しみから解放されて人生を楽しむ人を増やしたいからなんです。

 

 

それでよく整体に関しては質問されるのですが、

まず僕の先生は月に1回施術を受ければ十分だとおっしゃっています。

 

 

そして金額ですが初回は1万円で、2回目以降は1万5千円。

ちなみにこれは都内にある先生のところへ直接行ける場合です。

 

もし都内に行くのが厳しい地方の方や痛みがつらくて外出できない方の場合は、

出張サービスということで初回は2万円、2回目以降は2万5千円といったところです。

 

 

実際に受けてみたい方や何か質問がある場合はこちらにメールしてください。

よろしくお願いします。

kansen.sakai@gmail.com

 

 

・脱ステ開始から終了までの具体的な期間はどのくらいか?

 

これも正直個人差があります。

 

僕の場合は21歳で乾癬歴10年ちょっとでだいたい半年以上はかかります。

冒頭でも話しましたが、年齢と乾癬歴によって後は体質とか環境によって期間はまちまちです。

 

僕と比べて自分の症状はひどいかどうか比較するぐらいしか、

どのくらいかかるかわかる方法はないですね。

 

それも正確ではないですが、1つの基準にはなるでしょう。

 

・脱ステロイドによる好転反応(リバウンド)はあるのか?

 

必ずあります。

 

どうして好転反応(リバウンド)が起こるのかについてはこちらの記事で詳しく話してるのでご覧ください。

乾癬で好転反応が出た…ステロイド塗り続けて10年の僕が語る対処法

 

 

 

最後にこれらについて動画でも話したので載せておきます。