どうも、酒井です。

 

 

今回は僕がオススメしてる整体との出会いについて話していきます。

 

僕が乾癬を克服しようと思ったきっかけは整体で乾癬を改善できると知ったからです。

今思えば、これが僕の人生を変えるきっかけでした。

 

2016年の2月、とある整体の先生に出会ったおかげで僕は今順調に乾癬の症状を回復させていますからね。

 

 

でも最初から整体で完全に乾癬を克服できると信頼してたかというそうではありません。

むしろ初めはかなり疑ってました。疑心暗鬼です。

 

だって整体と言ったら僕みたいな若者には普段あまり縁がないんです。

 

うちの父親は何年か前にヘルニアで腰を痛めたとき整体に通ってて僕も一緒に行ってみましたが、

周りはお年寄りの方ばかり。

 

僕みたいな学生は1人もいなかったのをはっきりと覚えてます。

 

 

僕は整体といえば年をとって体の痛みやコリをほぐすものだと思っていて自分には無関係だと決めつけてました。

あー本当に今思えばもったいないことをしていましたね。

 

何も知らないくせに始めっから自分には関係ないとか役に立たないものだとか勝手に断定するなんて頭が悪すぎました。

 

 

そもそも僕が整体で乾癬が改善すると知ったきっかけはある知り合いの人からの紹介でした。

聞くところによると、どんな体の不調でも回復させる整体の先生がいるとのことで。

 

正直最初は胡散臭いなと思いました。

 

でも僕はその整体の先生から体のズレを直せばあらゆる体の不調は治ると聞いて本当に驚きました。

 

例えばどんなものが治るのかというと、

それこそ乾癬のように病院では手のつけようがない難病も先生は回復させてるゴッドハンド。

 

肩コリや冷え性や偏頭痛など身近なところから糖尿病、メニエール病など、

分野問わず様々な病気の改善にアプローチできるらしい。

 

なかでも僕の心に響いたのはアトピーについての話。

 

全身が炎症を起こしてる患者さんも綺麗さっぱりになるまで回復させた実績があるそうで、

これはもしかして可能性あるのでは?と思いました。

 

 

ただそれでも僕は不安でした。
なんでじゃあ整体では改善するのに薬では改善しないのだろうか?とか余計なこと考えてました。

 

 

当時は薬を塗っても病院行ってもなんも解決しなかったのにまだ整体よりも西洋医学の方をなぜか盲信してました。

 

やっぱり小さい頃から体調が悪くなったら病院に行こうという考えが刷り込まれてるから、

どうしてもそうなってしまったんでしょうね。

 

 

なかなか先入観とか偏見は拭えないものです。
僕は何度も病院で誤診を受けたのですが、それでも信じてしまいました。

その時の話についてはこちらで話してます。

【失敗談】僕は何度も病院で誤診をされて、乾癬克服の遠回りをした〜前編〜

 

 

本当に今の僕から見ると非常に勉強不足すぎて見てられないです。

 

じゃあそれからどうやって整体の可能性を信じるまでに至ったかというと、

とにかく気になることは質問したり勉強しました。

 

不安をどうにか解消するにはまず知ればいいと思ったわけです。

 

 

そして僕は整体を怪しいとは思いつつも他に乾癬を治す選択肢を知ってるわけではありません。

 

だったらとことん調べつくして、仮にダメでもまた振り出しに戻るだけだし、

もし良かったらこの上なくラッキーだと思い、とにかく知識を得ようとしました。

 

 

それからだんだん僕は整体に関しての知識を吸収していくうちに不安はだんだん消えていき、

期待感が上回るようになってきました。

 

 

例えばどんなことを学んだのかというと、

あらゆる体の不調というのは脳から発信された情報が身体中にうまく行き渡ってないことから起きるということです。

 

 

もっと詳しく言うと皮膚病でいうならば、体内毒素を本来は腸や肝臓で処理しなければならないのですが。

 

しかし体のズレによってそれがうまく機能せず、

仕方なく皮膚表面で排出されてるのが乾癬やアトピーなどの赤みであるそうです。

 

 

なるほど、確かに言ってることはものすごく理にかなってるなとその時はハッとさせられました。

そう言われてみれば当時の僕は乾癬が悪化してから生まれて初めて便秘をするようになっていました。

 

ようは腸の動きが正常でないことを僕の体は教えてくれてたのです。

 

 

自分の現状と先生の説明が一致することで説得力は僕の中でかなり強くなりました。

特に今まで病院でも大して納得できるようなまともなことは言われたことなかったし、

ネットの情報も信憑性がなかったので、より信頼出来ました。

 

 

そして僕は決意します。
よし整体を受けてみよう。

 

かすかな希望が知識を増やしていくにつれてやがて大きな光となって僕を照らしてくれました。

 

今までは薬を塗っても何も効果がなくてただただ絶望でしたが、

やっと風向きが変わったなと実感しました。

 

 

これに人生賭けてみよう、と本気で思いました。

 

 

そして施術当日。

 

整体がほぼ初体験だったのでドキドキと緊張もしてたけど、

圧倒的に僕の心の中を占めていたのはワクワクでした。

 

 

これから自分にどんな良い変化が起こるのだろうかニヤニヤしてしまうぐらいでした。

乾癬になってからこんな気分になったのははじめてでした。

それほど僕の気分はウキウキと高揚してました。

 

 

そして施術がはじまり色々と僕の体がどう悪くてその結果何を引き起こしてるか論理的に説明してくれました。

 

僕の場合背中の湾曲が本来緩やかではないといけないのにその角度が急になっていて歪みまくっていたそうです。

 

それによって骨盤がゆがんでさらに内臓がそれに応じて下垂するなど、

体のズレが連鎖して多大なる悪影響を及ぼしてるようでした。

 

 

でもそのズレは何回かの施術を行えば戻せるとのことでとりあえず一安心。

でもかなり歪んでるので施術中はそれなりに痛かったです。

 

 

文章では表現しづらい「トゥォッ!」とか「クゥゥェ!」みたいな奇声みたいなものも思わず出しました笑

でも痛みは別に耐えられないものでもないし、一瞬なので全然平気です。

 

 

乾癬で一生苦しむことの方が僕は絶対に耐えられません。

 

 

だからこの整体の痛みを乗り越えれば乾癬克服できるのかと思うと思いの外楽しめましたね笑

 

で、施術が終わると僕の体には恐ろしい変化が現れてました。

なんとめちゃくちゃ体が軽いのです。
え、いつも5キロくらい重りつけて生活してたっけ?とか思っちゃうほど体が楽になりました。

 

 

体がまっすぐに近づくということは本来の体に戻るということで、要は理想に戻るわけです。

 

 

子供の頃に肩こりとか腰痛がないのはまだ体のズレが少ないからで、

年をおうごとにズレは拡大して体に負荷がかかります。

 

僕は相当姿勢が悪いのか若くして体のズレが尋常じゃないらしいですけどね笑

でも施術後これが本来の自分の姿かと確認できたことで乾癬克服への希望がより強くなりました。

 

 

このまま薬をやめるのも食事制限も頑張って乾癬に打ち勝とうと心に決めたわけです。

で、僕がこの経験を通じて本当に大切だなと思ったの新しいことには積極的にチャレンジすべきだなということです。

 

 

確かに未知の世界は怖いけど、僕は1歩踏み出して得られたものは非常に大きかったです。

 

僕が勇気を出さなかったらこんな文章書かないで、

乾癬で絶望の淵に立たされて鬱状態で死にそうな目をしてるでしょう。

 

今とは全く反対ですね。

 

 

このチャレンジをしたおかげで僕は今乾癬が順調に回復して明るい人生を送ってます。

整体を頭ごなしに否定しなくてよかったなと本当に思います。

 

 

というわけで今回は整体に関してのお話でした。

何か質問のある方はこちらまでご連絡ください。
ありがとうございました。