どうも、酒井です。

 

 

今回は僕が乾癬のおかげで人生で少しある意味幸せに近づいたという話をしていきます。

 

何で乾癬みたいな不幸な病気になって幸せになるのか?

確かに僕の中でも昔は乾癬と幸福は全く正反対のものでした。

 

乾癬になったら僕は一生幸せになれないと本気で思ってました。

僕は乾癬に対して絶望を感じていたことは間違いないです。

 

 

どんなに改善法を探しても一向に見つからない。
薬もたくさん塗りました。
病院もたくさん行きました。
試しに漢方も飲んでみました。

 

それでも効果はゼロ。
むしろ症状は悪化するばかり。

 

 

僕は何をやってもうまくいかないからそのうち無気力になりました。

 

新しい医療技術が開発されて特効薬が出るまで耐えて耐えて、

我慢するしか僕には道は残されてないものだと思ってました。

 

 

もう本当に辛かったですね。

だってなすすべがないのですから。

 

 

でももう何度もこのブログでは話してますが、

整体でも乾癬治せるんだと気付いたことをきっかけに変わりました。

 

それはこちらで詳しく話してます。

 

それまで絶望して無気力だった僕は少しずつ希望を見出し始めました。

そしてどうすれば効率良く乾癬を改善できるか色々と本読んだり調べたりしました。

 

で、たどり着いたのが整体以外にやるべきことは食生活の改善と薬をやめること。

 

 

ただどちらも簡単で楽な方法ではありません。

まず食事制限に関しては僕は実家暮らしなので親の協力が不可欠です。

 

そして細かい食事管理を行うので精神的にもストレスが溜まります。

また薬をやめることに関しては、激しい痛みを伴うことが予想できました。

 

 

薬をやめると好転反応といって一旦症状が悪化してから回復していく現象があるからです。

特に僕は10年ほどステロイドを塗っていたので、かなり悪化するとわかっていました。

 

 

で、実際にどちらの方法も実践してみたところやはり予想通り大変でした。

でもやってみなきゃわからない新しい発見もありました。

 

 

まずは食事制限のほう。

食事は白米とか揚げ物とか辛いものとか甘いものとか消化するのに負担がかかるものはやめたため、

和食が中心になりました。

 

 

焼き魚で言うならアジとかブリとかシャケ。
あと肉は唯一鶏肉は始め食ってました。
それからみそ汁と漬物がだいたい毎日ついてくる。

 

 

正直にいうと今までの食事よりは質素なものが何日も続くようになりました。

加えて白米がないとどうにも食べた気がしなくて、空腹感に襲われるようになりました。

 

 

しかし空腹になっても食事制限してると食べるものがなかなか見つからない。

特に外食とか本当に食べるものがないので、最初はかなり厳しかったです。

 

 

でもだんだん慣れていくうちに考え方は変わりました。

 

とんかつ食いてーとか唐揚げ食いてーとかないものねだりしてもしょうがないので、

目の前の食事をよく噛んで大切に食べるようにしました。

 

 

そしたら今までに感じたことのない食事のありがたみをすごく感じたんですよね。

日本では1日3食ほとんどの人が食べようと思えば好きなものを食べられます。

 

僕にとってそれは昔まで当たり前でした。

でも今はちがう。

 

目の前の食事は質素で普段だったら味気なくてテンション下がってるけど、

その時は一回の食事のありがたみをすごく感じてるからめっちゃ美味しいんですよ。

 

 

みそ汁の温もりとか焼き鮭の塩加減とかをずっと嚙みしめることで幸せを感じるようになったのです。

そしてこれと同じような現象が薬をやめたときにも起こりました。

 

 

薬を止めると一時的ではありますが、激痛に襲われました。

それはもう歩くのも大変だったり、ひどい時は寝返りうったりするのもままならない時期がありました。

 

 

ようは普通に生活するのがこんなにも難しいのかと実感しました。

だから今では普通に歩いたり、よく眠れたりすることにも感動します。

 

 

昔じゃ当たり前すぎて何とも思いませんでしたが、

今はこんな小さなことでも感謝できるようになりました。

 

 

あとは日々のコミュニケーションでも自分と普通に何も気にせず話してくれるだけで嬉しいんです。

乾癬だからといって偏見とか持たずに関わってくれる友だちとかは本当に感謝です。

 

 

とにかく何が言いたいかというと、

ほんの小さなことでも感謝するようになり幸せな気持ちを前よりも感じるようになったということです。

 

 

僕は前まで肌のこととか気にせず旅行いきたいとか温泉行きたいとか友だちと遊びに行きたいとか思ってました。

もちろん今は回復してるので、行こうと思えば行けます。

 

 

でも前はそんなこと夢のまた夢状態で現実的には厳しかったです。

で、そういう現実的に厳しいことを追い求めても自分に失望してうつになるだけで幸福になんて一生なれません。

 

僕は乾癬になったおかげで、

食事に感謝、歩けることに感謝、寝れることに感謝、親に感謝、友だちに感謝など

身近なことに感謝して幸福感を得られました。

 

 

幸せって追求してたら一生たどり着かないけど、

身近なものに幸せを感じることができればすごく簡単じゃないかと僕はとても実感しました。

 

というわけで今回は乾癬になったおかげで幸せというものが身近に感じられたという話でした。

ありがとうございました。