どうも、酒井です。

 

 

乾癬という病気を発症して皮膚科に通っていたけれどもステロイドのコワイ副作用の話を聞いて、
できれば自然に治したいという気持ちになりました。

 

それでまず実践したのが食事を変えることです。

そしてズバリ糖質制限を始めました。

 

何がいいのか悪いのかいろんな情報がインターネット上に交錯してますが、
今回は糖質制限に着目して話しますね。

 

糖質制限は最近よく耳にすることが多くなったのではないでしょうか?

そもそも何で糖質制限が乾癬と関わってくるのかと言いますと、

 

 

糖分を摂り過ぎることですい臓がインシュリンを出し過ぎて疲れることで肥大してしまいますからです。

そしてその隣にある脾臓が圧迫されて、
本来の機能である古くなった赤血球を排出することができずに皮膚表面に排出してしまうのが乾癬の原因です。

 

これについてはこちらで詳しく話してます。

乾癬の原因は内臓だった!?脾臓について詳しくまとめてみた

 

 

で、まずは糖質制限することにしました。

糖分といってもお菓子類などの甘いものだけではないんです。

 

 

私達が普段食べている白米、麺類、パン類などの炭水化物も口に入り唾液と交じると糖に変わります。
なので主食をまずは少し減らさなければなりません。

 

特に麺類は食べ過ぎると糖分になりやすいです。
うどんで代表される香川県には乾癬や糖尿病の人が多いと言われています。

 

 

香川県民のうどんの消費量はハンパないですからねー

ただ普通の人の食べる頻度だったらおそらく病気にはならないでしょう

だからあまり心配することはないです。

 

 

だけどここで大事なのはこのような事実もあることを知っておくことです。

 

 

うどんを食べすぎるとそういった事態を招くのかと知っておくだけでも

無意識に麺類などに気をつけるのでだいぶ食生活は変わります。

 

うどんに限らず麺類は気軽に食べれて知らないうちにバクバクと食べ進めてしまうので、

少し抑えることを意識しましょう。

 

 

また当たり前ですが甘いものは特に内臓に負担がかかるので極力止めましょう。

乾癬が改善した人でも甘いものをがっつり食ったら症状が再発したという話をよく聞きますからね。

 

甘いもの好きの人もまずは少しづつ量を減らしていくことが改善の一歩として重要です。

 

 

では次からどんな栄養をとるべきか紹介していきます。

 

 

 

 

乾癬の食事療法で摂るべき栄養素はビタミンB1!

 

 

主食を少なめにしてビタミンB1を摂るようにすることで糖分がエネルギーに変えられるので

ビタミンB1は必ず摂っておきたい栄養素になります。

 

 

またビタミンB1は皮膚を修復して再生してくれる効果もあります。
ビタミンCと結びつくことで肌のターンオーバーを促してくれます。

 

ビタミンB1が豊富なのは豚肉だった!

 

このビタミンB1が多く含まれる食材が豚肉です。

 

乾癬や皮膚病の食事療法をしていると動物性蛋白質はダメだという話が多くありますが、
全くその通りというわけでもありません。

 

それぞれの人の体質にもよるでしょうし、
ビタミンB1がいい、豚肉だといってそればかり食べてはダメです。

基本はバランスです。

 

ビタミンB1は水溶性であり水に溶けやすく体に溜め込めない栄養素なのでこまめに摂取しておきたいところ。

 

また料理法も油を気にするのであれば質のいいオリーブオイルや亜麻仁油を使って料理したり、
しゃぶしゃぶ鍋やさっとお湯で湯がいて生野菜の上にのせた豚しゃぶサラダにするとよかったです。

 

ビタミンB1は水に溶けやすいのであくまでもさっとがポイントです。

 

 

また味付けをあまり濃くすると主食である白米が欲しくなりますので味付けはできるだけ控えめに。
素材の味を楽しむくらいの薄味がいいです。

砂糖や酒、みりんは特に控えましょう。

 

 

調味料の味付けが甘口なのが原因で、家族に乾癬の人が多いなんてケースもありますからね。

 

 

 

乾癬改善のためにサプリメントは摂るべき?摂らないべき?

 

 

ビタミンB1が乾癬を治すのに必要な栄養素だとわかりました。
ドラッグストアに行けばビタミンB群のサプリメントが売られています。

 

これを飲んでいればいいのではないかという思いもありますがあくまでもサプリメントは栄養補助食品です。
忙しい生活の中で補いきれないのなら飲んでもいいとは思いますが基本はバランスのいい食事です。

 

 

ビタミンB1は糖をエネルギーに変えるという意味で乾癬の治療には絶対に必要ですが
人間の体はビタミンB1だけでできているわけではありません。

 

特に皮膚の治癒・再生にはビタミンA,C,Eなども不可欠です。
ビタミンB1を含む豚肉にこだわることなくビタミンA,C,Eを多く含む野菜なども多く摂るようにしましょう。

 

動画も食事療法に関してはたくさん撮ったので是非みてください!

ではでは!